最新電動オナホールトップ3をご紹介!後悔しない快感をあなたに・・・

 

電動オナホールがこの世界に普及し始めて約10年・・・

 

 

初めは回転式の電動ホール「A10サイクロン」が、それまでの

 

 

「自分の手で抜く」

 

 

という常識に一石を投じる衝撃を与えてくれました

 

 

それからというもの、様々な電動オナホールが産声をあげ、その度に革命が起きたと騒がれてきました

 

 

今回はそんなすべての電動オナホールの中から、厳選したトップ3をご紹介いたします

 

 

ご購入の参考にされてください

 

 
第三位「ピストンヒートIR」


このオナホールは、電動らしい能力の一つとして

 

人肌の暖かさをリアルに再現できる電動オナホールとなっています

 

スイッチひとつで内部をゆっくりと温めていき、挿入すれば本当に膣の中に入れているかのような快感が待っています

 

しかも保温機能付きです

 

「つめた〜いオナホール」なんて誰も望んではいませんからね

 

素直に喜べる新機能だと思います

 

しかもピストン式の運動で激しく絶頂に導いてくれるので

 

まるで素早い手コキで生かされているかのような快感が売りです

 

しかし、デメリットもありました

 

それは「少し音が大きい」という点と、「ピストンスピードが早い」という2点です

 

なので、音があまり気にならず、力強く抜いてもらいたい人にはいいかもしれません

 

値段も1万弱と、電動オナホールの中ではかなり安い方なので、そんな中で暖かいホールに包まれたい方はどうぞ!

 
 
第二位「A10サイクロンSA]

言わずと知れた、革命的電動オナホールです。

 

その特徴として、最高の静音性と数多くある専用ホールから、様々な快感を提供してくれます

 

スピードにも強弱が設定でき、スピーディーな動きから、ねっとりした動きまでこなしてくれるため

 

不満の声はほとんど上がらず、大ヒットしました

 

動画との連動機能を初めて導入した機体で、女性に動きに合わせた動きは職人魂を感じましたね

 

値段は2万円弱と、若干高めでしたがお釣りがくるほど気持ちよくなれた確信があります

 

充電も結構ほったらかしにしていても、切れることも少なく好きな時に使えたのでその点も評価したいです

 

唯一の欠点はやはり「ピストン式」の運動ではないため、本物の女性を再現できなかったという点ですね

 

その点を除けば最高のオナホールとして完結していました

 
 

 

第一位「A10ピストンSA」

そして、第一位は今年とうとう発売された新しい電動オナホール「A10ピストンSA」です

 

これまでの全てのオナホールの欠点をほとんど克服したと言っていい機体だと思います

 

なぜかというと、前作である「A10サイクロンSA」の唯一の欠点であった「回転運動」

 

を大きく変更し、「ピストン運動」にこだわった機体として販売されたからです

 

しかもゆっくりねっとりとした動きも、7段階のスピードの中から変更することができるので、お好みのペースで抜くことができます

 

プロジェクトが開始されて5年の歳月がかけられ、ようやく完成された今作・・・

 

大げさな表現でしょうが、「世界初のリアル電動式オナホール」のため

 

地球上で使えるのは、発売から間もない現在は日本人の男性だけです!

 

日本人に生まれてよかったですね!

 

オナホール専用の「USB式簡易オナホウォーマ」などを使用することで

 

人肌に温めることも可能で、そうするとほとんど人間と変わらないか、それ以上の快楽を体験できます

 

唯一の欠点があるとすれば、値段が4万円とお高いこと、くらいしかありません

 

もちろん4万円以上の価値はある買い物でした

 

そのため一瞬で売り切れてしまいますので、在庫確認はお早めに!

 
page top